雑記

新聞配達をしながら大学に通う奨学金制度についてのQ&Aとよかった事

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

大学に通いたいけど家庭の事情で学費・生活費を援助が期待できない。

 

貸与型の奨学金を借りて、社会人になって返済が大変なのをニュースでみたから、奨学金に不信感がある。

 

学費や生活費を援助してもらえないわけじゃないけど、自分の力だけで大学に通える方法を知りたい。

 

 

そんな悩みを持っている方には、「新聞奨学生制度」がおススメです。

 

自分も新聞奨学生制度に申し込みをするときに下のような不安や疑問を持ってました。

 

新聞配達をしながら大学に通う奨学金制度についてのQ&A

 

朝弱いんだけどやっていけるかな?
続けていくうちにどうやれば起きれるようになるかコツがつかめてくるようになるので大丈夫!!

 

この奨学金は返さなくていいの?
最初に設定した期間(例:4年制大学、2年制専門学校など)、続ければ「既定の額」の奨学金の返済不要だよ。
奨学金額については、各社(日経、朝日、読売など)で金額異なるから、最新のパンフレットで確認してみて。
ただ、年度途中で退会したでは、貸与された奨学金に応じて清算が必要になるから気を付けてね。

 

配達先は覚えらえますか
順路帳というお客様名、購読紙、道順を書いたものを使うので、覚えてなくても大丈夫!!
増減を別にすれば、毎日朝・夕に配達するので1カ月もしないうちに、何も見なくても配達できるようになるよ

 

もし、寝坊したらどうなるの?
店によるけど、事務員やほかの所員が起こしに来るよ。何度もできないから、寝坊しないようにどうするかを工夫するようになるよ。

 

配達以外の業務もあるの?
当初の契約時に集金業務を希望していれば、集金業務があるよ。
店舗の方針で折り込み作業(広告を機械でまとめる作業)や営業があるところもあるらしいから申し込みの際に確認してね。

 

補足:

私のいた店舗では、学生に折り込みや営業はさせていませんでした。

折り込みや営業を学生にもさせているのは伝聞ですが、確認しておいて損はないと思います。

 

本当に新聞配達しながら通えるの?
やり抜く意思と授業計画をうまく組み立てれば、ちゃんと通えるよ。
ただ、留年したケースも多いから理由についても上げておくね。

 

やり抜けなかった・留年した具体例

 

朝刊配達後、ひと眠りの気持ちよさを1年目から知ってしまい、授業に出なくなった。

・夕刊配達から朝刊配達まで起きて、昼に寝る昼夜逆転の生活で、授業に出なくなった。

・理系の学部で単位取得が難しいところ、単位を落とした(夕刊もあり、余分な単位取得の時間を確保できなかった→翌年無事卒業。)

 

このようなケースもありますが、よかった事も多かったので上げてみます。

 

新聞配達をしながら大学に通う奨学金制度を利用してよかった事

 

 

 

 

 

  • 朝起きに強くなった。
  • 大学での友人だけでなく、同じように奨学生をしている同僚と仲良くなれた。(同僚とはいまだに交流あり)
  • 寮の個室(4畳半)があり、家賃が無料。
  • 奨学金以外に給料がでるため、必要な教材や身の回りの物、飲み会代などで不自由しなかった。(仕送りなしで)
  • 社会に出る前に仕事を続けたことに自信が持てて、就職活動で生かせた。

仕事ではあるので、苦労することも多いですが、大学に行きながら社会勉強もでき、資金面でも助かる。

ぜひご一考を。

 

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© 木々に水 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.